大阪の不妊治療・鍼灸ならおおかわ夢鍼灸院

女性の不妊治療おおかわ夢鍼灸院

院内のご案内
ナディス・Nadis
(東洋医学検査機器)
NOE温熱療法(高周波機器
サーモグラフィーの温度変化
治療の流れ
女性の大切なホルモン
お問い合せ・ご質問等

ナディス・Nadis(東洋医学検査機器)


従来の経験や勘にたよるのではなく、Nadis機器で的確に個人差のある経絡やツボ、その他の症状を把握できることが可能となりました。
治療に使うツボ・経絡は、5ミリ以内に正確に取らないと効果が半減します。
何処が悪いか体の不調の原因を数値化し、その数値を元に東洋医学的所見から、経絡異常を起こしているツボを使い、経絡を流れている気・血・水の流れが止まったり、滞ったりしている部分を元の正常な流れに戻すことにより、赤ちゃんの出来やすい状態を作り出すことが可能となります。
一人一人その日の状態に応じて治療し体質改善をはかりますので、治療内容や改善期間は個人の体質により異なります。

ナディス・Nadis
    (東洋医学検査機器)



今迄の東洋医学の鍼や灸は経験と勘にたよる治療法でした。

 Nadis機器で従来の経験や勘にたよるのではなく、的確に個人差のある経験やつぼ・その他の症状を的確に把握出来ることが可能になりました。
赤ちゃんに恵まれない患者さんにとってその人の一番ベストな治療法を選ぶことができる機器です。

治療に使うツボ・経絡は正確に取らないと効果が半減します。必要なツボとそうでないツボを機器により判別します。
つぼのポイントを5ミリ以内に絞込み、より早く赤ちゃんに恵まれやすい体質に変化させていきます。
東洋医学で体には約360個のツボが有るといわれています、そのツボのつながった状態を経絡といいます、体には主な経絡として12通りの流れが有り、その流れが止まったり、滞ったりすると、病気になったり体の調子が悪くなるといわれています。赤ちゃんが出来にくい原因も一人一人違いますが、経絡を元の状態に戻すことより、赤ちゃんが出来やすい状態を作り出すことが可能となります。
特によく婦人科疾患で異常が起こりやすい経絡について説明させていただきます。

東洋医学の経絡(ツボのつながる経路)

大腸経 (皮膚、大腸、歯、口、鼻、肩)
三焦経 視床下部、耳、眼、リンパ管、皮膚) 
肺経 (肺、鼻、口、皮膚)
小腸経 (小腸、眼、耳、舌、血脈
心包経 ストレス、血管、心臓)
心経 (心臓、舌、血脈)
肝経 卵巣卵管生殖器、目、筋肉、爪)
膀胱経 卵巣卵管、骨、髪、脳下垂体)
脾経 卵管、膵臓、胃、精神、肌、口)
腎経 卵巣卵管、骨、髪、大脳)
胃経 卵管乳腺、精神、胃、口、関節) 
胆経 卵巣卵管、爪、目、耳、筋肉)
以上のように12通りあり、経絡には自律神経とも密接な関係があります。

自律神経の働きは・・・特に婦人科関係では

精神 感情(怒る、悲しむ、緊張する、不安)で心臓をどきどきさせたり、
(悲しい、悔しい、嬉しい)で涙を出させたりします。
神経 外部の気温の変化や刺激を受けても、体温や血圧など身体を一つように
調節してくれます。
内分泌 ホルモン分泌に関係し、性周期をつくってくれます。
免疫 体内に侵入する細菌やウイルスを排除したり、傷口をふさいでくれます。

自律神経が悪くなると・・・

頭痛、頭が重い
耳鳴り、聞こえにくい
味覚異常、渇く
ドライアイ、疲れ目、涙目
のど 異物感、圧迫感、つまる、軽度の嚥下困難
手足 冷える、しびれる、痛む、こわばる
皮膚 乾燥、かゆみ、冷や汗、多汗
血管系 動悸、胸の圧迫感
呼吸器系 吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、下痢、便秘、ガスがたまる
泌尿器系 頻尿、残尿感、尿が出にくい
生殖器系 不妊症、生理不順、生理痛、外陰部のかゆみ、インポテンツ、早漏、射精不能
全身症状 肩こり、だるい、めまい、たちくらみ、のぼせ、倦怠感、
疲れやすい、朝起きにくい、食欲不振、不眠、微熱
以上のような症状を一人一人に合った治療をすることにより、赤ちゃんに恵まれやすい体に変化させていくことが、可能となります。
以上のような治療方法及び器機により体質改善が期待できますが、個人の体質により、改善期間の違いはあります。